LOADING...

ドゴゴン

2019年は シティーハンターイヤー!!

INTRODUCTION

観客動員168万人超の大ヒット! フランスで社会現象になった “パワームービー”が、遂に日本上陸!

2019年2月6日に、フランスで公開されると観客動員168万人を超える大ヒット!日本の人気漫画を、完全実写化するというフィリップ・ラショーの挑戦は、フランス全土で受け入れられた。監督&主演を務めたフィリップ・ラショーは、前作『世界の果てまでヒャッハー!』(15)が、大ヒットしたフランス映画界の新世代クリエーターだ。
80年代に日本で大ヒットした「シティーハンター」のアニメシリーズは、ヨーロッパに渡り、フランスでは「クラブ・ドロテ」(1987-97)というテレビ番組の中で『NICKY LARSON(ニッキー・ラーソン)』のタイトルで放送され大人気に。ラショーは、1980年生まれの39歳。小学生のときに、この番組を観て、「シティーハンター」と「ドラゴンボールZ」を大好きになった。ラショーは、企画書・プロットに直筆の手紙を添え、北条司の事務所に送付、そのプロットを北条司が気に入ったことから脚本を携え来日、映画化の許諾を得た。ラショーは「18ヶ月かけて書いた脚本を持って北条先生に会いに行き、その48時間後にOKがでたんだ。先生から、脚本が原作に忠実で、このストーリーは原作にも入れたかったと言ってもらえた。最高の褒め言葉で、天にも昇る気持ちだったよ!」と語る。

そして、フランス公開の2日後となる2月8日、日本では『劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』が公開する。偶然にも同時期公開となった日本のアニメと、フランスの実写版が共に大ヒット。そして「<新宿プライベート・アイズ>」のDVD&ブルーレイが発売し、さらにテレビシリーズの「シティーハンター2」のDVDBOXが12月25日に発売。そんな、もっこり怒涛の2019年はまさに「シティーハンターイヤー<C.H.Y.>」!2019年の映画納めはこれ!実写版シティーハンターを見ずには年を越せない!

シティーハンターファミリーが集結!! もっこり!? 《デラックス吹替版》

日本公開は、日本で制作した吹替版!本作の冴羽獠の声を担当するのは、大ヒット映画『アラジン』実写版でジーニーの声を務めた山寺宏一!七色の声を持ち、まさに第一線で活躍する山寺宏一は、声優デビュー当時にアニメシリーズ「シティーハンター」の番組レギュラーを務めていた。今回のオファーに対して、「僕を育ててくれた作品ですし、アニメシリーズの現場で神谷さんが演じているのをそばで見てきました。とにかく憧れて、収録後、家に帰って神谷さんが演じる獠の真似をしていたほど。他の人がやるなら…とご依頼を受けました。」と依頼を受けるまでの心境を語る。相棒の槇村香の声を担当するのは、同じく『アラジン』で侍女ダリア役を務め、実写作品、アニメ、ナレーションなど様々な分野で大活躍の沢城みゆき。

そして「シティーハンター」のアニメシリーズでおなじみ冴羽獠役の神谷明、槇村香役の伊倉一恵が、スペシャルゲストとして参加する。このほか、海坊主ことファルコンを玄田哲章、槇村秀幸を田中秀幸、野上冴子を一龍斎春水とアニメのオリジナルキャストが担当し、ここにシティーハンターファミリーが集結!!このほか、人気声優の浪川大輔をはじめ、多田野曜平、土師孝也、恒松あゆみ、三上哲ら素晴らしい声優陣が脇を固める。
シティーハンターへの愛を注ぎ込んだ、もっこり満載の”デラックス吹替版”として全世代が楽しめる抱腹絶倒のアクションエンターテイメントが完成!

  • 本予告
  • 特報