NEWS

監督・主演フィリップ・ラショー氏の来日を記念し、“日仏会談!シティーハンターの夕べ”と題して、アニメの製作側にいるCHレジェンドをお招きし、新宿区歌舞伎町にある「おとなのジャンプ酒場」でトークイベントを開催しました!
フランスからは、監督のフィリップ・ラショー氏と、その弟で脚本製作に関わったピエール・ラショー氏が参加し、日本の漫画・アニメで育ったラショー兄弟が“シティーハンター愛”を炸裂!
日本からは、テレビアニメシリーズの監督であり『劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』の総監督であるこだま兼嗣氏、テレビシリーズのプロデューサー諏訪道彦氏、新宿プライベート・アイズのプロデューサー若林豪氏が参加し、各々のシティーハンターができるまでの製作の裏側を語り合いました。
日・仏の国境の壁を超え、皆さんがシティーハンターの魅力を語りつくす一夜となりました!

ラショーは「私もピエールも小さい頃から日本のアニメを紹介する“クラブ・ドロテ”というTV番組を見て育った」と幼少期から日本アニメが大好きだったことを明かすと、弟のピエールは、「共同脚本で関われてすごく嬉しい。心からワクワクしてアドベンチャーのよう」と挨拶。
作品を鑑賞したこだま氏は、「シティーハンターをこんなに理解している人がいるのかと焦った」と本音をこぼすと、諏訪氏は、「笑いを超えて感心した。“やられた”と思った」と明かしました。若林氏は「この作品を観終わった後に飲みに行って、その時にこだまさんが“もし『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』(以下、<新宿プライベート・アイズ>)の続編があるとして、もし自分が監督するとしたらこの作品を意識するかも”とおっしゃっていて…創作意欲を掻き立てられているこだまさんに驚いた。作り手として刺激を受けて、監督同士が作品を通して対話しているんだ」と話しました。その話を受け、こだま氏は「やられたという気持ちと“負けられない”という気持ちがあって。自分にないものがあったし、看護師が両手を上げるシーンなんかは最高で…自分でやりたかった」と笑みをみせました。ラショーは、「あのシーンは一番・冴羽獠の個性が出せたと思っているお気に入りのシーン。そこを挙げてくださるなんて、さすがです」と感動。こだま氏は「マンガとアニメーションは表現する手法が違うけど、それぞれの相乗効果がある。映画もそう。これからも負けないように頑張ろうと思った。いい競争相手!」とコメントし、ラショーも「もし本作の続編を作るとしたら、僕も<新宿プライベート・アイズ>を意識すると思う」とお互い感化を受け、ライバル宣言した2人に観客から歓声が上がりました。

諏訪氏は「本作では強烈なオリジナルキャラクターが登場して、そのキャラクターがそれぞれ獠と香に絡んでくる。映画を見ながら“絶対アニメではやらないよ!”と思うくらい驚いた(笑)でも観ているとだんだん愛着が湧いてくる。キャラクターの作り方に感心した」と語り、若林氏も「勇気のあるストーリーだと思った。<新宿プライベート・アイズ>では冴羽獠に、どんな危機を持ってくるか考えた時に、最新のドローン兵器などアクション要素で作ったが、実写版では、ドラマ要素で危機を作り出していて凄いと思った」と話しました。ピエールは、ネタバレ満載のコメントをしようとした兄を制止し「冴羽獠にとって“最大の危機”とは何かを考えた時、たくさんの女性ではなく、1人の人しか愛せなくなることなんじゃないかと思い、ここを軸に物語を考えていった」とコメント。そのコメントに登壇者と観客は納得した様子。
また、ラショーは、本作の脚本で大変だったことを尋ねられると「全部」と即答。「リアルを貫こうと決めていたので、ハンマーやカラスをどうリアルに表現するか悩んだ」と明かし、ピエールは「獠と香、獠と海坊主の関係を扱うのは必須だと思った。そこが難関だった」と話しました。ラショーは「本当は、北条先生にも出演して欲しかったんです。あと少しで口説けたんだけど(笑)」という驚きのエピソードや、「実はピエールと続編作るなら、<新宿プライベート・アイズ>のように「キャッツ・アイ」を入れたいねと話していたんだ」と裏話も明かしました。

また、諏訪氏は監督が演じた獠を「パーフェクト!」と絶賛。「アニメでできなかったことをしているのが凄い。香はどんどん香に見えてくるし、この映画の香が大好きになった」とコメントすると、ラショーは「香に恋されると困る(笑)香を演じたエロディ・フォンタンはプライベートでも僕の大切なパートナーなので」と惚気もみせつつ、「香はバランスが難しかった。でも、北条先生が初めてこの作品を観てくださった時も、香を一番褒めてくれた」と明かしました。日本でも似すぎていると話題になった海坊主について、実は演出は簡単だったと語り、「海坊主役の役者には、この役は“ターミネーター”と思って演じて」と説明したことを明かし、的確な表現に観客からは笑いが。脇の濃い男性キャラクター2人に関しても「コメディ色を出したくて彼らを登場させた。タレク・ブダリとジュリアン・アルッティは2人とも5歳くらいの頃から知っている近所の幼なじみで、ジュリアンは本作の共同脚本としても参加している」と話した。監督は「脚本には本当に時間をかけた。もっと北条先生からコメントがあると思っていたけど、最後のシーン以外はほとんど直しがなくてビックリした」と1年半かけた脚本の完成度の高さが伺えるエピソードも明かされました。

デラックス吹替版の話へ移ると、若林氏はアニメシリーズで冴羽獠を演じる神谷明さんが、今回の実写版の獠を山寺宏一さんに託した際のエピソードを振り返り、「<新宿プライベート・アイズ>の打ち上げの2次会でバーに行った時、神谷さんと山寺さんが話し込んでいて。お2人がいる場所だけ違う空気でとても近づけなかった(笑)」と明かし、諏訪さんは「良いキャスティングとしか言いようがない」とコメントし、「この最高の吹替キャストは本作の成功につながると思う。TVアニメも昭和から平成へ移り変わる時代だったが、今年も平成から令和へ。こんなにも時代をまたがって愛されている作品もなかなかない。ぜひ今年の“シティーハンターイヤー”はこの作品で締めくくってほしい」と太鼓判を押しました。
最後に、ラショーは「子供の頃に日本のアニメで幸せな時間を過ごした。こうしてレジェンドの皆さんと語り合っていること自体が感謝」と喜びをみせ、「この作品をフランスで公開した後、フランスで“シティーハンター”の再放送が始まった。2019年に新たな世代にも届き始めているのが嬉しい。日本でも新たな世代へファンが広がるきっかけとなってほしい」と改めて作品への愛を伝えました。

この度、主演&監督を務めたフィリップ・ラショーさんが来日!それに併せて、≪デラックス吹替版≫完成披露イベントを行いました。
≪デラックス吹替版≫でリョウを演じた山寺宏一さん、そのパートナー・カオリを演じた沢城みゆきさん、アニメ版冴羽獠・槇村香の声優であり、本作ではスペシャルゲストとして声の出演をしている神谷明さんと伊倉恵さんが登壇!
3人の獠と2人の香という夢の共演が実現しました!

監督は「コンニチワ!」と日本語で挨拶し、「夢でした。シティーハンターを実写化して、こうして皆さんに届けることができて…子供の頃の夢が叶いました」と日本で公開を迎える喜びをコメント。山寺さんが「感無量です!!」と第一声を口にすると、場内はヒューヒューと熱い歓声と拍手が巻き起こった。沢城さんも「そんなことある!?私が香を演じるなんて!!…と思うほど初め信じられませんでしたが、今やっと少しずつ実感が沸いてきました…!頑張りましたー!!!」とコメントすると再び大きな拍手が!
そして、特別ゲストとして参加している神谷さんは、本上映でモッコリ氏と精神科医を演じていることが明らかに。「あの…どうしても参加したくて…」とモッコリ氏のようにモジモジと話し出すと会場からは笑いが起こり、「いろいろアドリブを飛ばしてます!(笑)本当に素晴らしい作品!山ちゃん演じるリョウも沢城さん演じるカオリも最高でした!!」と言った瞬間、一層大きな拍手に包まれました。伊倉さんは「スキッピーの妻を演じました。変わり者の一家なんですが、変わり者を演じられて楽しかったです!」と自身の役柄を明かし、「初めて作品観た直後、すぐに北条先生と神谷さんにLINEしました!本当に面白くて最高!」と作品を大絶賛しました。

実写化について、監督は「この作品の前に作った作品が嬉しいことにヒットして、新しい作品は自分の好きなものを作れることになった。シティーハンターの実写はとても大変なのは承知の上だったが、粘り強く脚本を1年半練って、北条先生にもシナリオを見ていただき…こうして2年後に皆さんにお見せすることができた」と長い期間、本作の製作に取り掛かったことを明かしました。
日本での吹替えキャストについても「これ以上光栄なことはない」と豪華な面々に喜びをみせると、「本当にプレッシャーでした。新人の頃からずっと神谷さんや伊倉さんを見ていたので、今日こうして初めて観客の方々にお披露目されるのが心配で…」との山寺さんの様子に、会場からはその答えと言わんばかりの大きな拍手が巻き起こりました。そして「神谷さんにやりなって言われなかったらやらなかったです!(笑)」と後押しが大きかったことを明かすも、「でも、やらせていただいて本当に楽しかったです!」と喜びを語りました。神谷さんは「フィリップ演じる冴羽獠はアニメとは違うと思っていて。いい作品を作っていただきたい!と思ったので、打ち上げの席で山ちゃんにお願いしました」と語り、「僕の目に狂いはなかった。我が事のように嬉しかったです!」と笑顔でコメント。
沢城さんも「緊張というものを超えるレベルでした。私がシティーハンターで一番遠いところから入る身だったので…でも緊張せずに、楽しみきる!という想いで頑張りました!」とプレッシャーの中でも自身を貫いたことを明かしました。また、伊倉さんは今日決めたばかりだという、沢城さんの“みゆきちざえもん”というかわいいあだ名で呼び、「みゆきちざえもんはシティーハンターが始まった頃、まだ幼稚園ぐらいだったはず。彼女に決まって“間違いない”と思っていたけど、本当に間違いなかった!」とコメントし、会場は観客の温かい拍手に包まれました。

神谷さんは「シティーハンター愛がビンビンに伝わってきた。こうやって監督に直接感謝を伝えられて嬉しい」と喜びを伝えると、監督は「私の場合は、新しく発明したわけでなく、北条先生の素晴らしい作品があって、忠実に再現させていただいた」と原作へのリスペクトをみせた。そして、監督への質問タイムになり、山寺さんは早速ずっと気になっていたというとある場面についていくつか尋ねると、際どい質問をかわす監督に観客からは笑いが。
また、独特な視点のアクションシーンについては「とても複雑な撮影でした。リュック・ベッソン監督の常連スタントマンの方に依頼した」と撮影の裏話を明かしました。山寺さんが興奮気味に「そのアクションシーンにK-1のジェロム・レ・バンナ出てましたよね!?」と尋ねると、監督は「日本の人も彼を知ってるの!?」と驚く場面も。気になるモヤモヤを晴らすことができ、山寺さんは「スッキリした」と笑顔をみせました。
沢城さんからも「エロディ・フォンタンさんはセクシーなイメージがあったのでキャスティングが意外でしたが、なぜ今回彼女にカオリを演じていただいたのですか?」と尋ねると、「彼女は素晴らしい女優で、コメディもできるんです。一番初めに北条先生もカオリを褒めてくださった。彼女は僕の人生でも大好きな女性です」とプライベートでもパートナーであるエロディ・フォンタンさんに賞賛を送りました。

最後に、山寺さんは「シティーハンターは僕が育った作品でもあり、この作品で大役を演じることができて嬉しいです!素晴らしい作品ですので、いろんな方に観ていただいて、笑って、元気になってほしいです」、沢城さんは「シティーハンターらしさもあり、一つのコメディ作品としても本当に楽しめます!幅広い人に楽しんでほしいです」とコメント。神谷さんは「この素晴らしい作品を作った監督へ拍手を送りたい。そしてリョウとカオリを演じた2人にも拍手を!」と会場からは今日一番の大きな拍手が巻き起こりました。「この作品に参加できて光栄です。僕もガンガン本作を宣伝するので、ぜひご協力お願いします!」と熱弁し、伊倉さんも「もう神谷さんのおっしゃる通り!(笑)笑い飛ばせる楽しい映画ですので!」とアニメシーズの冴羽獠、槇村香から熱烈な後押し。監督は「日本に来てこんなことが待っているなんて思ってもみなかった!」と感動しながら、「家族に見せるよ!」と興奮した様子で自身の携帯で登壇キャストと会場の観客をホームビデオで撮影。
“もっこり”と書かれた本作の記念酒樽を100tハンマーで割り、イベントは大盛況のまま終了しました。

11月29日(金)からの『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』公開を記念し、合計100名様にフォロー&RTで豪華賞品が当たるTwitterキャンペーンを実施!
獠ちゃんとのもっこり大作戦、成功できるか・・・?
11/4まで毎日挑戦しよう!

<キャンペーン期間>
2019年10月21日(月)12:00~11月4日(月)23:59まで
※1日1回ご参加いただけます。

<プレゼント賞品>
・史上最香のお食事券!ジェフグルメカード3万円分 1名様
・声優&監督サイン入り!吹替台本(非売品)1名様
・映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』劇場ポスター(非売品)3名様
・映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』ムビチケ(映画前売券)15名様
・オリジナルクリアファイル 30名様
・Amazonギフトコード1,000円分  50名様
※賞品はお選びいただけません。

<応募方法>
1. 映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』公式Twitter(https://twitter.com/cityhunter_2019)をフォロー
2. ハッシュタグ「#獠ちゃんともっこり大作戦」が入った公式ツイートをRT(リツイート)
3. 公式Twitterから抽選結果を@返信ツイートでお知らせ
※対象ツイートは毎日ツイートされますので、毎日ご参加いただけます。
※キャンペーンの参加には映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』公式Twitterを忘れずにフォローし、キャンペーン終了までフォローを外されないようご注意ください。

<注意事項>
・参加いただく際は必ずアカウントの投稿を“公開”にした状態で参加ください。投稿が非公開の場合は参加とみなされませんのでご注意ください。
・当たり、そしてはずれの@返信は、1日1回となります。
・アクセス集中や環境などにより、返信に時間がかかる場合がございますのでご容赦ください。
・本キャンペーンに何度も応募するため、複数のアカウントを作成し参加した場合、これは応募資格無効とさせていただきます。
・キャンペーン対象の投稿を引用ツイートされた場合、特に下記の設定をされている方は、Twitterの仕様上、参加とみなされない場合がございますのでご注意ください。
※プロフィール、ユーザー名、自己紹介、画像などを設定していないアカウント
※頻繁にアクション(ツイート、リツイート、返信 など)を行っていないアカウント
※Twitterアカウント開設後、メールアドレスが本人のものか確認をするプロセスを行っていないアカウント
※開設直後で、上記に当てはまるアカウント
・リツイートより24時間経過しても返信が届かない場合、大変お手数ですが、映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』公式Twitterまで、DMでお問い合わせください。
・本キャンペーンは、映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』公式Twitterをフォローいただいている方であれば、どなたでも参加できます。
・当選は1回限りとなります。
・落選の場合は翌日に再度参加することが可能です。
・13歳未満(12歳以下)の方は保護者の方がご応募ください。
・賞品ご当選の権利はご本人様のものとし、譲渡はできません。
・通信の際の接続トラブルにつきましては、責任を負いかねます。予めご了承ください。
・インターネット通信料・接続料はお客様の負担となります。
・本キャンペーンのご参加は、日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。

<当選発表について>
・キャンペーン対象の投稿をリツイート後、@返信にて当落の結果をご連絡致します。
・当選された方には、当選の翌日中に映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』公式Twitterから当選された方のTwitterアカウントに向けたDM(ダイレクトメッセージ)にて賞品の発送先入力についてのご案内を致します。
・当選された方で、登録内容に不備や誤りがあった場合、また2019年11月11日(月)までに発送先情報の登録がない等で、賞品をお届けできない場合は、当選を無効にさせていただくことがございます。
・賞品はお選びいただけません。到着まで楽しみにお待ちください。
・賞品の発送は2019年11月下旬~12月中を予定しております。
※諸般の事情によりお届けが遅れる場合もございますので、予めご了承ください。
・本キャンペーンは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。
・抽選方法に関するご質問の受付は行っておりません。

<個人情報の取り扱い>
・ご記入いただきましたお客様の個人情報は、株式会社ガイエが管理させていただきます。本キャンペーンの賞品発送以外の目的では使用いたしませんので、ご安心ください。
・お客様の個人情報を、お客様の同意なしに、業務委託先外の第三者に開示・提示することはありません(法令などにより開示を求められた場合を除く)。
・その他の個人情報の取扱いにつきましては株式会社ガイエのプライバシーポリシー(https://gaie.jp/privacy/)をご参照ください。

監督・主演フィリップ・ラショー&豪華声優陣が登壇!
『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』のデラックス吹替版《完成披露上映会》開催決定!
10月12日(土)11:00より抽選受付となります。詳細は下記をご覧ください。

【開催概要】
[日程]10月20日(日)
[時間]10時20分の回(上映終了後、舞台挨拶)
[場所]TOHOシネマズ日本橋【Pコード:550-563 】
[登壇]山寺宏一、沢城みゆき、神谷明、伊倉一恵、フィリップ・ラショー〈監督・主演〉
 以上予定
 ※登壇者は予告なく変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
 
【料金/席種】
 全席指定2,100円
 ※チケットはお一人様4枚までとさせていただきます。
 
【チケット販売方法 <チケットぴあ>】
◆先行プレリザーブ(先行抽選販売受付)
10月12日(土)AM11:00~10月15日(火)AM11:00まで
☆インターネット購入: https://w.pia.jp/t/cityhunter-themovie/ ※PC・モバイル共通
 ※抽選は、10月15日(火)18:00~となります。
 ※インターネットのみでの受付となり、受付の際、ぴあへの会員登録が必要となります。
 
◆一般発売
10月16日(水)AM10:00~
☆インターネット購入: https://w.pia.jp/t/cityhunter-themovie/ ※PC・モバイル共通
☆店頭直接購入:「チケットぴあ」店舗/セブン-イレブン
☆電話予約:0570-02-9999
 
≪その他の注意事項≫
※特別興行の為、各種割引(シニア・学生・小人等を含む)・各種招待券は、ご使用いただけません。
※全席指定・定員入替制での上映となり、専用のチケットをお持ちでない方はご覧になれません。
※場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
※転売目的でのご購入は、固くお断りいたします。
※内容はすべて予定です。登壇者及び内容は、予告なしに変更する場合がございます。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
※当日はマスコミによる取材が入る可能性がございます。その際、お客様が映像等に映り込む可能性もございますので、予めご了承ください。

映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』監督来日記念!“日仏会談!シティーハンターの夕べ”と題して、製作側のシティーハンターレジェンドをお招きし、トークイベントを実施!
それぞれのシティーハンターができるまでの製作の裏側を語っていただきます。フランスからは、監督のフィリップ・ラショーと弟で脚本製作に関わったピエール・ラショーが、日本からは、アニメシリーズのこだま監督、諏訪プロデューサー、新宿プライベート・アイズの若林プロデューサーが参加!
フランス実写版を大絶賛いただいているお三方を前にし、日本の漫画・アニメで育ったラショー兄弟の”シティーハンター愛”が炸裂!日・仏の文化の壁を超え、皆さんがシティーハンターの魅力を語りつくします!!!
このイベントへ <限定30名>をご招待いたします!

ご応募は、
◇実写版『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』公式twitter @cityhunter_2019
◇劇場版『シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』公式twitter @cityhuntermovie  まで!

また、イベント当日 @cityhunter_2019 にて<ライブ配信>を行います。是非ご覧ください。


日程: 10月20日(日) 開場 16:30 / 開演 17:00 / 終了 18:30
 
場所:おとなのジャンプ酒場
   東京都新宿区歌舞伎町1-18-9 WaMall 歌舞伎町 5F
 
登壇者:フィリップ・ラショー氏
    (『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』監督・主演/フランス代表)
    ピエール・ラショー氏 
    (『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』脚本/フランス代表)
    諏訪道彦 氏 
    (「シティーハンター」テレビアニメシリーズ プロデューサー/YTV Nextry 専務取締役/日本代表)
    こだま兼嗣 氏
    (「シティーハンター」テレビアニメシリーズ 監督/新宿プライベート・アイズ 総監督/日本代表)
    若林豪 氏  
    (『新宿プライベート・アイズ』プロデューサー/アニプレックス プロデューサー/日本代表)


≪その他の注意事項≫
※当日はライブ生配信が入ります。その際、お客様が映像等に映り込む可能性もございますので、予めご了承ください。
※場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
※ご招待枠の転売は、固くお断りいたします。
※内容はすべて予定です。登壇者及び内容は、予告なしに変更する場合がございます。

1 2 3 4 5