NEWS

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』を映画館で観て、ゼノンサカバ店内にて、鑑賞済みの映画座席券をご提示いただくか、「映画観てきたよ!」とスタッフに伝えていただくと、くじ引きにチャレンジ!その場で該当グッズをお渡しします。
映画を観た後は、是非ゼノンサカバへ!
 
【期間】
2019年11月29日~12月末
※店内にてご飲食頂いたお客様に限ります。
※貸切等で入店できない場合がありますので、WEBサイトをご確認の上ご来店ください。
※賞品が無くなり次第キャンペーン終了となります。
 
【場所】
ゼノンサカバ
武蔵野市吉祥寺南町2-11-1
TEL:0422-27-2275
https://zenon-sakaba.jp/
 
吉祥寺発の漫画出版社グループが、JR高架下に新たに仕掛ける賑わいの場。
体験と出逢いがテーマのネオサカバです。
 
【賞品】
●特賞・・・サイン入りB2ポスター(非売品)
●A賞・・・サイン入りプレス(非売品) 
●B賞・・・映画クリアファイル(非売品) 
●C賞・・・映画ポスター(日本版B2サイズ(非売品)/ フランス版 )
●D賞・・・カラスステッカー(非売品)
 
※サイン入りグッズは、北条司先生、フィリップ・ラショー監督、山寺宏一さん、沢城みゆきさん、神谷明さん、伊倉一恵さんのサインがはいったものになります。

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』の公開を記念して、ジーンズメイト×原作「シティーハンター」のコラボパーカーを数量限定で販売します。

■シティーハンターコラボパーカー:¥3,990+tax

【11/30(土)より店頭にて順次販売!】

<オススメポイント>
北条司原作とのコラボアイテム。アイテムデザインはフランスをモチーフとし、前面はシティーハンターロゴにトリコカラーの3色をプリント。背面はエッフェル塔のモノクロ写真にPARIS-CITY HUNTER文字をプリント。シンプルかつ今回の実写映画モチーフに相応しいデザインで、ホワイト・ブラックのモノトーン配色です。大人の方が普段使いできる素敵なパーカーに仕上がりました!
 
<購入特典>
ご購入の方には先着で映画オリジナルクリアファイルをプレゼント!
 
▼詳細はこちら
https://estore.jeansmate.co.jp/feature/detail?pr_id=413


また、タイアップを記念してTwitterキャンペーンも実施中!
ジーンズメイトのアカウント(@JEANSMATE_Co)をフォローしてキャンペーン投稿をリツイートで応募は完了!
 
【応募〆切り:12/8(日)まで】
 
<プレゼント内容>
・原作全巻セット 1名様
・B2サイン入りポスター 1名様
・B2サイズ非売品ポスター 2名様
・台本 1名様

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』公開を記念してJOYSOUNDとタイアップを実施します。
11/27からJOYSOUNDの機種にて本作の主題歌「Get Wild(特別映像ver.)」を歌うと豪華プレゼントが当たる歌唱キャンペーンがスタートしています。
 
期間限定の特別映像を楽しみながら、Get Wildを歌ってください♪

<プレゼント>
・サイン入り台本 1名様
・B2非売品ポスター 3名様
 
【実施期間:1/31(金)まで】
 
▼キャンペーン詳細はこちら
https://www.joysound.com/web/s/campaign/777/index

本作の公開を記念し、公開翌日11月30日(土)、12月1日(日)にわたりシティーハンターの聖地・新宿をジャックします!
新宿モア4番街Aゾーンでは、冴羽獠の愛車であるMINIの展示やサイン入りの豪華プレゼントが当たる投稿キャンペーン、リョウ&カオリのなりきりパネルのフォトスポットを設置。
そして、本作の鑑賞済み座席券を提示していただくと、ホイップクリームが“もっこり”増量サービスされるクレープショップとのコラボ企画も実施します!
また、メインストリートである「セントラルロード」には、新宿オリジナルVer.フラッグが立ち並び、まさにシティーハンター一色!
映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』を観る前にシティーハンター一色の新宿を味わうも良し、観終わった後に“もっこり”増量クレープ片手に語るも良し!ぜひシティーハンターに染まった新宿を体感してください!


【日時】2019年11月30日(土)、12月1日(日)の2日間 12:00~18:00
【場所】新宿モア4番街 Aゾーン(東京都新宿区新宿18 3-25-9) ※入場料無料
 
【実施内容】
■あのMINIを体感!&Twitterで画像投稿キャンペーンも!
シティーハンターお馴染みのMINIをイベント会場で体感!MINIと一緒に記念撮影しよう!(キャラクターのコスプレOK!) さらに、公式SNS(@cityhunter_2019)をフォロー&Twitterでその写真を「#実写シティーハンター #MINI」のハッシュタグをつけてツイートすると、豪華プレゼントが当たる!
<プレゼント>
・サイン入りポスター 1名様
・サイン入りプレス 1名様
・クリアファイル 10名様
 
■シリーズ代表曲『GET WILD』の楽曲放送&フォトスポット各種設置
シティーハンターシリーズでも大人気曲の『GET WILD』(TM NETWORK)をイベント期間中に常時楽曲を放送!(12:00~17:00間のみ)
また、フランス実写版『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』の顔抜きパネル 2体(リョウver./カオリver.)や、2019年2月8日(金)に公開し、Blu-ray&DVDが10月30日(水)より絶賛発売中の『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』スタンディも会場に展示します。
 
■クレープショップ「新宿カヴォー123」で“もっこり”増量サービス!
モア4番街のオープンカフェ「新宿カヴォー123」でクレープをご注文時に、鑑賞済み座席券をご提示いただくとホイップクリームを通常よりも“もっこり”増量にしてご提供!
※増量サービスは、イベント開催中(12:00~18:00)のみに限ります。
※本作の鑑賞済み座席券のみに対応します。
 
■TOHOシネマズ前のセントラルロードにも降臨!
11月23日(土)~12月6日(金)の期間、歌舞伎町にある靖国通りからTOHOシネマズ新宿(新宿東宝ビル)へ向かうメインストリート「セントラルロード」を挟むように新宿オリジナルキャッチコピー“あの男が、新宿に帰ってくる!”が入った映画のフラッグが展開中です!


本作《デラックス吹替版》に特別ゲストとして参加している、声優界のレジェンド・神谷明さんが登壇するスペシャルトークイベントを行いました。今年、芸歴50年を迎えた神谷明さんが、東京コミコンのメインステージで行われた「東京COMIC CON Presents祝・芸歴50周年!ヒーロー声優界のレジェンド神谷明、降臨!」へ登壇し、なだぎ武さん、バッファロー吾郎・竹若元博さん、2丁拳銃・川谷修士さん、佐藤ピリオド. さんらアメコミリーグとのスペシャルトークを実施。
日本を代表するヒーローに魂を吹き込んできた神谷明さんがこれまでの活動を振り返り、バビル二世、ケンシロウ、冴羽獠など有名キャラ声の生披露!さらに2019年、盛り上がり最高潮のシティーハンターイヤーを振り返りました!

大きな歓声の中、登場した神谷明さん。「ビックリ!こんなに集まってくれて嬉しいです!」と熱い視線を向ける観客へ笑顔をみせました。「私はデビューが23歳だったので少し遅かったんです。でも、遅かったからこそ年齢を重ねても若さを保てたと思います」と明かし「どの役も全力投球で、叫び声も手を抜くことを知らなくて…でも逆にそれがよかったみたいです(笑)」と当時を振り返りました。俳優から声優になったことについて、「バイトより少し良いくらいのお給料でした。そんな中、先輩がストライキを起こして、一緒に西銀座をデモ行進したのを覚えています。そのおかげで、お給料が3.3倍になって…以前はアルバイト掛持ちしていましたが、声優一本で生活できるようになりました」と時代の変化とともに声優人生を歩んでいたことが垣間見えました。
 
神谷さんの初主演作品、昭和48年1月1日に放送が始まった『バビル二世』が挙がると、その場で当時の声まんまであるバビル二世の声を響かせ、アメコミリーグ&観客からは感動の声が。神谷さんは「本当に50周年を迎えられたのは皆さんのおかげだと思っています。“声優”が社会が動くほどのムーブメントとなり、声優の仕事がラジオ、歌など様々な場へ広がることができた」と感謝を述べました。50年の間、数えきれないほどの役を演じてきて「当時は夢中だった」と明かす神谷さん。「過去演じたことのない新しい役が来るのはありがたかった」と、『めぞん一刻』では二枚目の三鷹瞬役を演じ、傍ら三枚目のキン肉マン役まで演じたことを振り返りました。役の幅を自由に操り、両方を演じることのできる神谷さんは別格だったとアメコミリーグたちが明かすと、神谷さんは「下地には山田康雄さん、熊倉一雄さん、納谷悟朗さんの存在があって、その方々の作品を穴が開くほど見ました」と先輩たちの存在を語りました。
 
ジャンプの黄金期に様々な役を演じていた神谷さんですが、編集部内では“神谷は(ジャンプ作品を)演じすぎなのではないか…”と話が挙がっていたと明かします。たまたま、ジャンプのイベントで全国を回っていた神谷さんは、近くを通った際に編集部を訪問。そしてその場で編集部や編集長に「『シティーハンター』やりたい?」と尋ねられ、神谷さんは「一番やりたい、絶対やりたい」と強く宣言。それを受けて冴羽獠役が決まったと裏話も。山田康雄さんからコミカルさやシリアスさを自由自在に操る演技の楽しさを聞いていたこともあり、なんとしてもやりたい役だったと振り返りました。また「当時、『北斗の拳』と『オヨネコぶーにゃん』を同日に収録する時があって、ケンシロウ役が残って大変だった(笑)」と話し、また『オヨネコぶーにゃん』の収録の時に、『北斗の拳』の放送があり、ほかのキャストと一緒に『北斗の拳』観たそうで「まさか僕だと思わなかったみたいで、誰が演じたのか話題になって嬉しかった」と当時のエピソードを語りました。アメコミリーグからのリクエストに応じて、ケンシロウのセリフを披露すると、観客から「さすがレジェンド!」といわんばかりの拍手と黄色い歓声が上がりました。
 
今年公開を迎え、DVDとブルーレイも発売中の映画『シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』で、約20年ぶりに冴羽獠を演じた神谷さん。公開タイミングとほぼ同じ時期に、映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』も本国のフランスで公開した奇跡から11月29日公開の新作の話しとなり、神谷さんは「先日、フィリップ・ラショー監督にお会いしてお話しました。最初は、僕たちが作品を認めてくれるか気にして緊張していたそうです。映画は、本当に監督のシティーハンター愛に溢れている作品で最高におもしろい!」と大絶賛!アメコミリーグもアクションやコンセプトも素晴らしいと賞賛を送りました。
 
今年は『シティーハンター』の劇場公開からDVDなどのパッケージ発売も立て続けにあり、「まさにシティーハンターイヤー(C.H.Y.)!今年は『シティーハンター』で明けて、『シティーハンター』で暮れていく」と笑顔をみせる神谷さん。同年代である串田アキラさんも同じく50周年だそうで、「7月から50周年に入り、本当にありがたいです。『シティーハンター』も親から子供へと伝わっているようで、世代で受け継がれているのが嬉しい」と喜びをみせました。最後には「待たせたな、俺を呼んだのは君だろ?」と冴羽獠の決めセリフを披露し、「フランス実写版は11月29日公開です!原作のイメージから全く反しないので、ぜひ観てください!『シティーハンター』をこれからもよろしくお願いします!」とアピールし、トークショーは大盛況のうちに幕を閉じました。

1 2 3 4 5 6