NEWS

この度、主演&監督を務めたフィリップ・ラショーさんが来日!それに併せて、≪デラックス吹替版≫完成披露イベントを行いました。
≪デラックス吹替版≫でリョウを演じた山寺宏一さん、そのパートナー・カオリを演じた沢城みゆきさん、アニメ版冴羽獠・槇村香の声優であり、本作ではスペシャルゲストとして声の出演をしている神谷明さんと伊倉恵さんが登壇!
3人の獠と2人の香という夢の共演が実現しました!

監督は「コンニチワ!」と日本語で挨拶し、「夢でした。シティーハンターを実写化して、こうして皆さんに届けることができて…子供の頃の夢が叶いました」と日本で公開を迎える喜びをコメント。山寺さんが「感無量です!!」と第一声を口にすると、場内はヒューヒューと熱い歓声と拍手が巻き起こった。沢城さんも「そんなことある!?私が香を演じるなんて!!…と思うほど初め信じられませんでしたが、今やっと少しずつ実感が沸いてきました…!頑張りましたー!!!」とコメントすると再び大きな拍手が!
そして、特別ゲストとして参加している神谷さんは、本上映でモッコリ氏と精神科医を演じていることが明らかに。「あの…どうしても参加したくて…」とモッコリ氏のようにモジモジと話し出すと会場からは笑いが起こり、「いろいろアドリブを飛ばしてます!(笑)本当に素晴らしい作品!山ちゃん演じるリョウも沢城さん演じるカオリも最高でした!!」と言った瞬間、一層大きな拍手に包まれました。伊倉さんは「スキッピーの妻を演じました。変わり者の一家なんですが、変わり者を演じられて楽しかったです!」と自身の役柄を明かし、「初めて作品観た直後、すぐに北条先生と神谷さんにLINEしました!本当に面白くて最高!」と作品を大絶賛しました。

実写化について、監督は「この作品の前に作った作品が嬉しいことにヒットして、新しい作品は自分の好きなものを作れることになった。シティーハンターの実写はとても大変なのは承知の上だったが、粘り強く脚本を1年半練って、北条先生にもシナリオを見ていただき…こうして2年後に皆さんにお見せすることができた」と長い期間、本作の製作に取り掛かったことを明かしました。
日本での吹替えキャストについても「これ以上光栄なことはない」と豪華な面々に喜びをみせると、「本当にプレッシャーでした。新人の頃からずっと神谷さんや伊倉さんを見ていたので、今日こうして初めて観客の方々にお披露目されるのが心配で…」との山寺さんの様子に、会場からはその答えと言わんばかりの大きな拍手が巻き起こりました。そして「神谷さんにやりなって言われなかったらやらなかったです!(笑)」と後押しが大きかったことを明かすも、「でも、やらせていただいて本当に楽しかったです!」と喜びを語りました。神谷さんは「フィリップ演じる冴羽獠はアニメとは違うと思っていて。いい作品を作っていただきたい!と思ったので、打ち上げの席で山ちゃんにお願いしました」と語り、「僕の目に狂いはなかった。我が事のように嬉しかったです!」と笑顔でコメント。
沢城さんも「緊張というものを超えるレベルでした。私がシティーハンターで一番遠いところから入る身だったので…でも緊張せずに、楽しみきる!という想いで頑張りました!」とプレッシャーの中でも自身を貫いたことを明かしました。また、伊倉さんは今日決めたばかりだという、沢城さんの“みゆきちざえもん”というかわいいあだ名で呼び、「みゆきちざえもんはシティーハンターが始まった頃、まだ幼稚園ぐらいだったはず。彼女に決まって“間違いない”と思っていたけど、本当に間違いなかった!」とコメントし、会場は観客の温かい拍手に包まれました。

神谷さんは「シティーハンター愛がビンビンに伝わってきた。こうやって監督に直接感謝を伝えられて嬉しい」と喜びを伝えると、監督は「私の場合は、新しく発明したわけでなく、北条先生の素晴らしい作品があって、忠実に再現させていただいた」と原作へのリスペクトをみせた。そして、監督への質問タイムになり、山寺さんは早速ずっと気になっていたというとある場面についていくつか尋ねると、際どい質問をかわす監督に観客からは笑いが。
また、独特な視点のアクションシーンについては「とても複雑な撮影でした。リュック・ベッソン監督の常連スタントマンの方に依頼した」と撮影の裏話を明かしました。山寺さんが興奮気味に「そのアクションシーンにK-1のジェロム・レ・バンナ出てましたよね!?」と尋ねると、監督は「日本の人も彼を知ってるの!?」と驚く場面も。気になるモヤモヤを晴らすことができ、山寺さんは「スッキリした」と笑顔をみせました。
沢城さんからも「エロディ・フォンタンさんはセクシーなイメージがあったのでキャスティングが意外でしたが、なぜ今回彼女にカオリを演じていただいたのですか?」と尋ねると、「彼女は素晴らしい女優で、コメディもできるんです。一番初めに北条先生もカオリを褒めてくださった。彼女は僕の人生でも大好きな女性です」とプライベートでもパートナーであるエロディ・フォンタンさんに賞賛を送りました。

最後に、山寺さんは「シティーハンターは僕が育った作品でもあり、この作品で大役を演じることができて嬉しいです!素晴らしい作品ですので、いろんな方に観ていただいて、笑って、元気になってほしいです」、沢城さんは「シティーハンターらしさもあり、一つのコメディ作品としても本当に楽しめます!幅広い人に楽しんでほしいです」とコメント。神谷さんは「この素晴らしい作品を作った監督へ拍手を送りたい。そしてリョウとカオリを演じた2人にも拍手を!」と会場からは今日一番の大きな拍手が巻き起こりました。「この作品に参加できて光栄です。僕もガンガン本作を宣伝するので、ぜひご協力お願いします!」と熱弁し、伊倉さんも「もう神谷さんのおっしゃる通り!(笑)笑い飛ばせる楽しい映画ですので!」とアニメシーズの冴羽獠、槇村香から熱烈な後押し。監督は「日本に来てこんなことが待っているなんて思ってもみなかった!」と感動しながら、「家族に見せるよ!」と興奮した様子で自身の携帯で登壇キャストと会場の観客をホームビデオで撮影。
“もっこり”と書かれた本作の記念酒樽を100tハンマーで割り、イベントは大盛況のまま終了しました。