NEWS

今年2月6日に公開され、仏だけで168万人を動員し社会現象になったフランス実写版シティーハンター『NICKY LARSON』が、遂に日本上陸!
日本公開タイトルが『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』に決定いたしました。サブタイトルの「史上最“香”」は、物語の重要な鍵となる「パフューム=“香”水」と、冴羽獠の相方・槇村“香”のダブルミーニング。

小学生のときに、「シティーハンター」と「ドラゴンボールZ」を大好きになった本作の監督&主演を務めたフィリップ・ラショーは、「ようやく日本の権利元と連絡がつき、18ヶ月かけて書いた脚本を持って北条先生に会いに行き、その48時間後にOKがでたんだ。北条先生から、脚本が原作に忠実で、このストーリーは原作にも入れたかったと言ってもらった。最高の褒め言葉で、天にも昇る気持ちだったよ!その時のことを考えると、こんなにも早く日本の皆さんに観てもらえる日がやってくるなんて!お手柔らかに!」とコメントしました。

また、「こういう手法で冴羽獠の危機を作るのか!これは思いつかなかった、やられた!」と、本作を大絶賛している原作者の北条司先生からは、「今年(2019年)は、シティーハンターの劇場アニメ版公開からはじまり、このフランス版の日本公開で締めくくることができ、まさに“シティーハンターイヤー”となりました。大変うれしく思います。監督の愛が詰まった、ワクワク、ドキドキするアクションコメディ映画となっています。シティーハンターを応援してくれる方には是非ご覧いただきたいです。」と日本公開を喜ぶコメントが届きました!

解禁されたTM NETWORKの名曲「Get Wild」が流れる特報映像も、是非チェックしてください。
『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は、11月全国公開!!