【2023年】桃井かおりは今何してる?夫の宇都宮一生と結婚!女優やタレント活動も順調!画像

幸福の黄色いハンカチの演技で日本アカデミー賞やブルーリボン賞など各種映画賞を独占した桃井かおりさん。

そんな桃井かおりさんですが、最近メディアで見かけない気がします。

そこで気になる現在の活動について調査しました。

目次

【2023現在】桃井かおりは今何をしていると話題に

引用:www.oricon.co.jp

1971年に映画『愛ふたたび』にて浅丘ルリ子の妹役でデビュー後、数々の賞を受賞した桃井かおりさん。

以前に比べてテレビで見かけることが少なくなった気がしますが、ネットで調べるとこのような状態に。

よくセットで調べられているモノが候補として出てくる仕組み

つまり、桃井かおりさんが今何をしているのかと心配の声が多いわけですね。

ではここから桃井かおりさんの現在の活動について確認していきましょう。

【2023現在】桃井かおりの活動内容なコチラ

引用:aoiro5.com

現在の桃井かおりさんの活動内容はこちら

  1. 女優としての仕事
  2. テレビに出演
  3. CMに出演
  4. 映画の脚本・監督
  5. インスタグラムの更新

それでは順番にご紹介していきます。

1.女優としての仕事

桃井かおりさんは現在も次の作品に出演しています。

引用:post.tv-asahi.co.jp
  1. ドラマ「緊急取調室 第4シリーズ」
  2. 映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」
  3. 映画「一度も撃ってません」

ドラマ「緊急取調室 第4シリーズでは50年潜んでいたハイジャック犯として迫力ある大國塔子役を演じています。

2.テレビに出演

桃井かおりさんはバラエティー番組などにも出演しています。

引用:natalie.mu

2023年1月に放送されたバラエティー番組「マツコ会議」では、LAの自宅から中継で出演しました。

マツコ・デラックスさんと現在の生活や心境をと語っています。

3:CMに出演

引用:modernatx.com

SK2などのCMの印象が強い桃井かおりさんですが、モデルナのCMにも出演されています。

撮影はロサンゼルスで行われたようです。

4.映画監督・脚本

桃井かおりさんはロスへ移住後映画監督や脚本家としても活動をしています。

引用:hee.official-movie.com

桃井かおり監督脚本の「Hee 火」はロサンジェルスジャパンフィルムフェスティバルにてベストディレクター賞を受賞しました。

2023.01.16には映画監督としてインタビューも受けています。

5.インスタグラムの更新

引用:news.yahoo.co.jp

桃井かおりさん毎日自身のインスタグラムを更新しています。

様々な芸能人と撮った写真や自身で作った料理などをたくさんアップしており、桃井かおりさんの私生活を知る事が出来ます。

【桃井かおり】2015年に一般男性と結婚

引用:hochi.news

桃井かおりさんは2015年の64歳で結婚しています。

お相手は結婚相手は2歳年上で、音楽プロデューサーとして国際的に活躍している宇都宮一生さんです。

桃井かおりさんが当時64歳の“熟年婚”だったことから話題になりました。

【桃井かおり】旦那との馴れ初めとは?

引用:nlab.itmedia.co.jp

桃井かおりさんと宇都宮一生さんが出会ったのは、お2人が9歳のころでした。

桃井かおりさんが小学生の頃バレエ留学していたロンドンで幼馴染として育ったそうです。

桃井かおりさんにとって宇都宮一生さんは初恋だったと語っています。

桃井かおりさんが米国へ移住したことをきっかけに再開し、半世紀の歳月をかけ結婚となりました。

宇都宮一生さんも桃井かおりさんと再会した時には「この人と死ぬまで一緒にいたい」と思ったそうです。

【桃井かおり】子供はいるの?

引用:www.buzzfeed.com

桃井かおりさんには子供はいません。

結婚自体が遅かったこともあり、子供の機会がなかったのだと思います。

夫の宇都宮一生さんは前妻との間に子供がいるそうですが、すでに成人しているとの事。

まとめ

1971年に女優デビュー後、日本アカデミー賞助演女優賞やブルーリボン賞を受賞し才能を開花させた桃井かおりさん。

1981年からLAに移住し、映画監督として活動の場を広げています。

そのLAで幼馴染と再会し64歳で結婚されました。

LA移住後は日本では目立った活動をしていませんが、現在も自宅で旦那さんと過ごしながら原稿を書き進めているようです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次