【ファーストペンギン】針(犯人)は誰?黒幕はタカシで新人漁師はカモフラージュとの声も!ネタバレ考察

実話を元に作られたドラマ「ファーストペンギン」。

7話では、さんし船団丸を潰すための刺客(針)が送り込まれるという展開に。

その後、漁船は絶体絶命の危機を迎えますが、針(犯人)は一体誰なのでしょうか。

目次

【ファーストペンギン】さんし船団丸を潰す刺客(針)の存在

引用:Twitter

「ファーストペンギン」7話では元議員の辰海(泉谷しげる)が登場。

”漁港を荒らす”さんし船団丸を潰すための刺客(針)を送り込むと語ります。

引用:Twitter

何だか物騒な話ですね。

【ファーストペンギン】漁船が転覆寸前に

引用:Twitter

7話では、その後「さんし船団丸」の漁船の命綱が切れ、船は転覆寸前に。

これが「針」の仕業だとしたら、犯人は一体誰なのでしょうか?

【ファーストペンギン】犯人は誰?候補は4人

引用:Twitter

辰海が「針を仕込む」と語った後に登場するのが、新人漁師3人です。

3人のうちの誰かが「針(刺客)」なのでしょうか。

新人漁師3人のうちの誰か?

新人漁師の3人はコチラ。

  1. 小森賢太郎:常にメモを持ち歩く大卒の青年
  2. 岡室爽:体育会系爽やか男子
  3. 逢坂孝徳:玩具メーカーの元営業マン

小森賢太郎

引用:Twitter

小森賢太郎は大卒でいつもメモを持ち歩き、先輩漁師にも口答えをするなど反抗的な態度です。

船団のチームワークを乱す怪しい存在として目立っていました。

ただ、最後まで辞めずに残っているので犯人ではないのでは、との声も。

岡室爽

引用:Twitter

岡室さんは爽やかな印象ですが、それが却って怪しい気がします。

ただ船が傾いた時には片岡さんに協力をしていたので、犯人だとは思えないとの声も。

逢坂孝徳

引用:Twitter

逢坂さんは漁船が傾いていた時に何もしていませんでした。

最後に影からこっそりと、事務所の様子を伺っていたのも怪しさ満載です。

玩具メーカーに勤めていた優しそうな人というイメージですが、実は犯人なのでしょうか。

ただ、あからさまに怪しいので、ミスリードの可能性もありそうです。

磯田高志(たかしさん)

意外な候補は磯田高志さんです。

引用:Twitter

磯田高志さんは、お母さんが足の複雑骨折で入院中です。

同情の声が集まる一方で、母親の治療費と引き換えに「針」になったのでは、との考察も。

磯田高志さんが最後に「疲れた」と泣いていたのは、母親や自分のケガで心が折れたからなのでしょうか。

それとも「針」の役目に疲れたからなのでしょうか…。

新人漁師3人の誰かが犯人というのはミスリードで、本当の「針」は高志さんの可能性はあるかもしれません。

ただ、誰が犯人であっても漁船が転覆すれば「犯人」も無事では済まないはずです。

いくら「刺客」でもそこまでやるのか、という疑問は残ります。

まとめ

「ファーストペンギン」7話で、漁船が絶体絶命になったのは命綱が切れたからです。

辰海の刺客の仕業だとしたら、やりすぎな気がしますし犯罪ではないでしょうか。

真相が気になりますね。

あわせて読みたい
【ファーストペンギン】漁協の組合長のモデルは実話だと誰?梅沢富美男の役は実在するのか調査!画像
【ファーストペンギン】漁協の組合長のモデルは実話だと誰?梅沢富美男の役は実在するのか調査!画像2022年10月ドラマ「ファーストペンギン」。ドラマは実話をもとに作られており、ヒロイン岩崎和佳や漁師の片岡洋のモデルは実在しています。それでは漁協の組合長のモデ...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる